繋がり / セミマル
 ここんとこ全然提出できなくて、そんな自分がメンバーにいてもいいのだろうかとちょっぴり自問自答していました。ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWSのセミマルです。



 さて、本日のお題は当方からということで「繋がり」です。トップバッターということで今回はオーソドックスにサイト間の繋がりについてでも書こうかなぁと思っていたのですが、そうはなりませんでした。というわけで、今回は話の軸がドンドンずれていく様子をお楽しみください。なんだこの前書き(´д`;)




個人ニュースサイトの繋がり
  • 考えてみると個人ニュースサイト間の繋がりというのは面白い。
    • 2年以上付き合いがあるのに会ったことがないなんてザラである。
    • それどころ、ほとんどのサイトさんとは面識はおろかメールのやり取りすらしたことがない。

  • 面白い情報が載っていれば、ネタ元として紹介するだけである。
    • 一般社会ではとても成立するとは思えない関係である。
    • 基本的にはお互いに参照しあうだけである。
    • 自分のアンテナに引っかかる情報が載らなくなればサクッと巡回路から外し、外される間柄である。
    • そう考えてみると、なかなかドライな関係である。

  • また、基本的に互いの意見を押しつけあうことはしない。
    • それぞれが自分の価値観に従い、勝手気ままに運営している。
    • そこにはなんの強制力もないし、明文化されたルールも存在しない。
    • にも関わらず、まったりとしたゆる~いコミュニティのようなものが成立しているのだから、本当に面白い。


ゆる~い繋がり VS 相互リンクという鎖

  • ある程度サイト運営を続けると、このゆる~い繋がりが心地よくなってくる。
    • 誰に強制されるでもなく、自分の好きなサイトを好きなように紹介したいと思うようになる。
    • そこで悩ましくなるのが相互リンクである。

  • 相互リンクを依頼してもらえるのはとてもありがたいことである。

  • ニュースサイトの場合、リンクの質はもろにサイト自体の質に関わってくる。
    • 質を保つためには時にはリンクを削ることも必要になってくる。
    • そんな時、相互リンクしたサイトを削る罪悪感は半端ではない。
    • それなら最初から相互リンクなんか受け付けないほうがいいやと思うのである。

  • たかがリンク。されどリンクである。
    • 個人ニュースサイトにとって最も重要なコンテンツはリンクである。
    • リンクは個人ニュースサイトの命と言っても過言ではない。
    • メインコンテンツである様々なネタへのリンクはもちろんのこと、柱リンクも決してないがしろにはできないのである。


新規参入の難しい個人ニュースサイト界隈

  • ニュースサイトは始めるのは簡単で、やろうと思えば誰にでもできる。

  • そもそも新規参入の場合、サイトの質以前に知名度がない。
    • 知名度のないサイトが知名度を上げる最も簡単な方法は、すでに知名度のあるサイトにリンクしてもらうことである。
    • そして、そのための最もポピュラーな手段が相互リンク依頼だろう。

  • しかし、現在のニュースサイト界隈では相互リンクは嫌われている。
    • そのため相互リンク依頼をしてもリンクしてもらえる可能性は低く、それどころかマイナスイメージを与えかねない。
    • リンク依頼をすれば嫌われ、しなければなかなか知名度が上がらない。
    • こうやって書いてみるとなんだか八方塞な気がする。

  • アクセス数なんてどうでもいいと思っている人は別に気にしないのだろうが。
    • そうでない人にはなかなか受難の時代かもしれない。
    • 事実、ここ1・2年でスターダムを駆け上がったニュースサイトはゴルゴ31ぐらいで、それ以外の上位陣の顔ぶれはほぼ変わっていない。


がんばれ!新規ニュースサイト!!

  • この状況を打開できないかなぁ、とよく思う。
    • 別に今のニュースサイト界隈がつまらない思っているわけではない。
    • しかし、もっと面白くするためには新しい血を入れて、新鮮な血液を流したほうがいいに決まっている。
    • いつまでも同じ血ではいつか濁ってしまう。

  • そうするとやはり新規サイトを容易に発掘するシステムが欲しい。
    • あるいは新規サイトを積極的に発掘するサイトとか。
    • FLASH界隈であれば(・∀・)イイ・アクセスなんかがFLASH職人の育成に大きく貢献しているように思う。
    • 同じように新規ニュースサイトを支援する仕組みができないだろうか。

  • 本当は自分で新しいサイトをじゃんじゃん発掘できればいいんだけど。
    • 言うのは簡単だが、それを実践するのはなかなか難しい。
    • やっぱり既存のサイトはユーザビリティも高いし、安定して質の高い情報が得られる。

  • それに対し、新規サイトの発掘というのはなかなか難しい。
    • まず、発見すること自体が困難である。
    • その上、ユーザビリティなど細かい部分がまだまだの場合も多い。

  • 新規サイトを発掘するより、既存のサイトを巡るほうがはるかに楽である。
    • このあたりのジレンマを解消できるアイデアが欲しい。
    • 本当ならそのためのアイデアをここで披露したいところだったのだが、残念ながら思い浮かばず。
    • そんなわけで、この件に関しては、ここまでこんな駄文を読んでくださった奇特な方々への宿題ということにしておこう。





あとがき的な何か

  • 今回は何を書くかあまり考えずに書き始めたわけなんだけども。
    • 書いてくうちにどんどんわけ分かんない方向に。
    • なんで「繋がり」ってテーマでこんな文章が出来上がるんだ。
    • あぁ、謎だ。この世はなんて謎だらけなのだろう。

  • さて、最後は少しまじめにLogisticaについて。
    • 当方はサイト運営をはじめて1000日以上経っているんだけど、その割にネット上のお友達で会ったことがある人はあんまりいないです。
    • Logisticaメンバーの中でプロジェクト開始前に面識があったのはゆつきさんだけ。

  • しかし、この企画が縁で何人かの人には直に会ってお話することができました。
    • 普段全然文章を書かない人間なので、原稿を出すのはかなり大変だったんですが、参加できて本当に良かったです。
    • やっぱ直に会って話をすると物凄く刺激になります。
    • 月並みながら、こういう繋がりは大切にしたいなぁと思っております。
    • いや、ホント。

[PR]
# by text_project | 2006-06-28 00:58 | セミマル
お題 その8
第8回のお題は

「繋がり」 by. セミマル@ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS

です。
[PR]
# by text_project | 2006-06-26 18:11 | Information
誰のために、何のために更新するのか / Nav
皆様はじめまして。ご存知の方にはいつも大変お世話になっております。
Escapism管理人のNavと申します。
よくありがちな、簡単なコメント付きで記事を紹介しているニュースサイトでございます。

everything is goneのみひろさんからゲストライターのお誘いを頂きまして
今回のお題に参加させていただきます。
しかし、普段長文を書くことがないので慣れておりません。
拙い文章ですがお付き合いください。

一応、上記挨拶は堅苦しく書きましたが…私はあまり頭が良くないので
ここからはもうちょい砕けた感じで書いて行きますねw


難しい言葉を使って論じるつもりはハナからありません、
ただただ自分の気持ちをあなたに伝えたいだけなのです


・「毎日サイト更新なんてよくやるね~。」

時事ネタや流行ネタを主に扱っているニュースサイトは、
ある程度頻繁に更新しなきゃ流行についていけないっすよね。
でも学校や仕事もある中で何故更新を続けるのでしょうか?
どうして何年も更新を続けていられるのでしょうか?

『それは見に来てくれる皆さんがいるからですよ。』
『有名なサイトを作りたいから!』
『なんとなく流行ってるし結局は惰性で…』

理由に正解は無いと思うので、何でもいいとは思います。
ただ、私の場合は

『更新するのが楽しいから』

それだけです。
逆にいえば楽しくなくなれば平気で更新しなくなると思います。

私にとってのサイト運営は、一番の趣味であってそれ以上でも以下でもありません。
感覚的にはFF12みたいなゲームと同列です。
やってもいいしやらなくてもいい、でも楽しいからやりたい。
(こう書くと誤解される方がいるかもしれませんので一応。
 …ゲームと同じといっても決してネット世界を
 バーチャルと割り切っているわけではありません。
 同じサイト管理人さん、閲覧者さんと関わることは
 生身の人間と関わることだときちんと理解をしています。)


・「~ってコメントに凄く共感しました!」
 「~ってコメントが気に食わないから直せ!」


web拍手を導入してからは非常に多くのご意見をいただけるようになりました。
その中にはやはり賛否両論があるわけですよ。

私はとりあげたニュースに関して気の向くままに書きたいことをそのまま書きます。
それが道徳的にちょっとよろしくないようなコメントでも言わせて頂いております。

例えば、強姦犯のニュースを取り上げた時に
「去勢するか死ねや生ゴミが」…みたいなことを書いたり
お年寄りだけを狙った引ったくり犯のニュースの時には
「生きている価値ねーよこのクズども」…みたいなことを書きました。

ただ、そのニュースを読んだときに私が感じた憤りをできるだけ素直に書きたくて
ちょっと過激な言葉を使っていることを自覚した上で好きなことを書いています。

こういうことを書くと
「いやー、言ってくれてなんかスカっとしました!もっと言え言え!!」
みたいな意見がある一方
「死ねだなんて言う人が死ねばいいよ、生きている価値が無いのはアンタの方だ」
なんて言われる事もあります。

でもね。私は自分の意見を曲げません、
道徳上良くないと自覚していながら確信犯的にそういうコメントをしているんですもの。

感情的なサイトを作りたいと思っています。
感情的なニュースサイトがあってもいいじゃない。
だからこういった議論には自分の中では決着がついています。
批判されたら毎回理解はするようにしています。ただなかなか納得は致しかねます


仮に書きたいことが書けないようになったらもう更新なんてしませんよ。ツマンネェし。

↑でも書いたけど趣味なんだもの。好きだからこそサイト運営しているんだもの。
10000人超の人が来るような大きなサイトにならなくてもいい、
その1/10であっても共感してくれる人が楽しんでくれれば満足です。


・「結局だれのために更新してんのさ」

ここまで読まれた方はわかったかと思いますが、私は自分のために更新しています。
もう少し言えば、自分と、
こんなワガママな自分が運営するサイトを楽しんでくれている人のために更新をします。

自分のためとは言いつつも、やっぱり時にはイヤになることもあるんですよね。
そういった時に応援メッセージもらったりするとやる気がでたりもします。単純なのでw

矛盾しているようですが、最終的な一線で支えられるのは閲覧者の皆さんの言葉であり
毎日同じ数字が並ぶ、物言わぬアクセス数であるというのもまた真実であるのです。

ニュースサイトを過去に運営していた方が「レスポンスの無さ」に嫌気が差してやめた。
と言っているのを聞いたことがあります。

サイト管理人なら誰もが言葉をもらうのは嬉しいと思いますので、
全然たいしたことじゃなくていいんです。
普段見ている好きな、あのサイトさんに気が向いたらメッセージを発信してみてください。
何気なく送ったその一言がそのサイトの管理人さんのパワーになるに違いありません。


僕が楽しいと思うものをこの箱の中に集めるよ。
その中には君にとって興味がないものもあるし、
一緒に遊んでいる僕の態度が嫌な事もあるかもしれない
それでももしよかったら…ねぇ、一緒に楽しもう?      Escapism-Nav
[PR]
# by text_project | 2006-05-11 00:12 | ゲスト