<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
誰のために、何のために更新するのか / Nav
皆様はじめまして。ご存知の方にはいつも大変お世話になっております。
Escapism管理人のNavと申します。
よくありがちな、簡単なコメント付きで記事を紹介しているニュースサイトでございます。

everything is goneのみひろさんからゲストライターのお誘いを頂きまして
今回のお題に参加させていただきます。
しかし、普段長文を書くことがないので慣れておりません。
拙い文章ですがお付き合いください。

一応、上記挨拶は堅苦しく書きましたが…私はあまり頭が良くないので
ここからはもうちょい砕けた感じで書いて行きますねw


難しい言葉を使って論じるつもりはハナからありません、
ただただ自分の気持ちをあなたに伝えたいだけなのです


・「毎日サイト更新なんてよくやるね~。」

時事ネタや流行ネタを主に扱っているニュースサイトは、
ある程度頻繁に更新しなきゃ流行についていけないっすよね。
でも学校や仕事もある中で何故更新を続けるのでしょうか?
どうして何年も更新を続けていられるのでしょうか?

『それは見に来てくれる皆さんがいるからですよ。』
『有名なサイトを作りたいから!』
『なんとなく流行ってるし結局は惰性で…』

理由に正解は無いと思うので、何でもいいとは思います。
ただ、私の場合は

『更新するのが楽しいから』

それだけです。
逆にいえば楽しくなくなれば平気で更新しなくなると思います。

私にとってのサイト運営は、一番の趣味であってそれ以上でも以下でもありません。
感覚的にはFF12みたいなゲームと同列です。
やってもいいしやらなくてもいい、でも楽しいからやりたい。
(こう書くと誤解される方がいるかもしれませんので一応。
 …ゲームと同じといっても決してネット世界を
 バーチャルと割り切っているわけではありません。
 同じサイト管理人さん、閲覧者さんと関わることは
 生身の人間と関わることだときちんと理解をしています。)


・「~ってコメントに凄く共感しました!」
 「~ってコメントが気に食わないから直せ!」


web拍手を導入してからは非常に多くのご意見をいただけるようになりました。
その中にはやはり賛否両論があるわけですよ。

私はとりあげたニュースに関して気の向くままに書きたいことをそのまま書きます。
それが道徳的にちょっとよろしくないようなコメントでも言わせて頂いております。

例えば、強姦犯のニュースを取り上げた時に
「去勢するか死ねや生ゴミが」…みたいなことを書いたり
お年寄りだけを狙った引ったくり犯のニュースの時には
「生きている価値ねーよこのクズども」…みたいなことを書きました。

ただ、そのニュースを読んだときに私が感じた憤りをできるだけ素直に書きたくて
ちょっと過激な言葉を使っていることを自覚した上で好きなことを書いています。

こういうことを書くと
「いやー、言ってくれてなんかスカっとしました!もっと言え言え!!」
みたいな意見がある一方
「死ねだなんて言う人が死ねばいいよ、生きている価値が無いのはアンタの方だ」
なんて言われる事もあります。

でもね。私は自分の意見を曲げません、
道徳上良くないと自覚していながら確信犯的にそういうコメントをしているんですもの。

感情的なサイトを作りたいと思っています。
感情的なニュースサイトがあってもいいじゃない。
だからこういった議論には自分の中では決着がついています。
批判されたら毎回理解はするようにしています。ただなかなか納得は致しかねます


仮に書きたいことが書けないようになったらもう更新なんてしませんよ。ツマンネェし。

↑でも書いたけど趣味なんだもの。好きだからこそサイト運営しているんだもの。
10000人超の人が来るような大きなサイトにならなくてもいい、
その1/10であっても共感してくれる人が楽しんでくれれば満足です。


・「結局だれのために更新してんのさ」

ここまで読まれた方はわかったかと思いますが、私は自分のために更新しています。
もう少し言えば、自分と、
こんなワガママな自分が運営するサイトを楽しんでくれている人のために更新をします。

自分のためとは言いつつも、やっぱり時にはイヤになることもあるんですよね。
そういった時に応援メッセージもらったりするとやる気がでたりもします。単純なのでw

矛盾しているようですが、最終的な一線で支えられるのは閲覧者の皆さんの言葉であり
毎日同じ数字が並ぶ、物言わぬアクセス数であるというのもまた真実であるのです。

ニュースサイトを過去に運営していた方が「レスポンスの無さ」に嫌気が差してやめた。
と言っているのを聞いたことがあります。

サイト管理人なら誰もが言葉をもらうのは嬉しいと思いますので、
全然たいしたことじゃなくていいんです。
普段見ている好きな、あのサイトさんに気が向いたらメッセージを発信してみてください。
何気なく送ったその一言がそのサイトの管理人さんのパワーになるに違いありません。


僕が楽しいと思うものをこの箱の中に集めるよ。
その中には君にとって興味がないものもあるし、
一緒に遊んでいる僕の態度が嫌な事もあるかもしれない
それでももしよかったら…ねぇ、一緒に楽しもう?      Escapism-Nav
[PR]
by text_project | 2006-05-11 00:12 | ゲスト
何のために、誰のために更新していますか? / まなめ
私のブログの代表エントリの一つに「私が自分のサイトを持つ理由」というエントリがある。

 私を見てください。

自分のサイトを何のために更新しているかと問われたら、何をどう答えようとこの一言に帰結するだろう。

以上が、今回のお題「何のために、誰のために更新していますか?」への私のすべての回答だが、ここで終わりにしてしまうのも申し訳ないのでもう少々続けてみようと思う。

「私を見てください」というのは、私のサイト全体を通してその向こう側に存在する私自身を見てくださいという意味です。そんな私のサイトの中で、今やメインとなっている「個人ニュースサイト」の部分。これについて一つ思っていることを述べてみる。

どのように書いたらよいだろうかという思考は、ブログは3人に向かって書けにて、自分・対象者・その他大勢すべての目を意識する必要があると書きました。今回はその対象者である二人称をどこにおいているかというお話。

私は、私のサイトを見てくれている人のために更新しています。

私のサイトは今はサイト論の紹介が多いですが、決して「サイト論ニュースいっぱいあるから、サイト論好きな人集まれ~」とは思ってません。私のサイトを毎日見てくださる方の中にサイト論を期待している人がいるので、その期待に答えているという気持ちの方が大きいです。

自分のサイトを毎日見てくれている方の判別方法は、やはりアクセス解析です。

例えば、ニュースサイトの場合は情報元として自分のサイトを良く表記してくれる方のサイトはチェックします。そして、そのニュースサイト管理人の好きなニュースの傾向を把握し、そのサイトでまだ紹介されていない、そしてその管理人が好みそうなニュースを見つけたら掲載します。

例えば、ブログの場合は「いつも拝見しています」と直接書いてくれる方がいます。そういう方のブログも欠かさずチェックし、その人の好きなジャンルを把握できたら、その人に合ったニュースを配信してあげたいなって思います。

おかげで、多くの読者を把握できるようになった今、ちょっと雑多なニュースサイトになってしまった感がありますが、きっとこれも私らしさなんだと思います。

まぁ、一番の読者は自分自身なんですけどね。
[PR]
by text_project | 2006-05-10 02:16 | まなめ
誰のために、何のために更新していますか? / 香陸
0. はじめに
 今回のテーマは「誰のために、何のために更新していますか?」ということで「小生にうず」の香陸です。ここのところサイトを更新していないため、いまや過去形で書かなければならないのではないかと思いつつ、端的に書きます。

1. 誰のために
 僕は楽観的な人間なので「誰かのために」と解答します。サイトの更新は仕事でやっていることではないので「こうしたい、ああしたい」という気持ちはありますが、目的を持ってこなしているものではありません。つまり、遊びでやっていることなので本質的に目的を欠いています。しかし、ウェブという媒体上(幸か不幸か)僕は単独で遊んでいるわけではないので、誰かが僕を役立てることもありうるだろうとは思うわけです。だから、鳩がオリーブの枝葉とともに戻ってくるのを待ち望んでいるわけではないにせよ、誰にも拾われない紙飛行機を暗闇に向かって投げているわけでもないと感じています。

2. 何のために
 こちらも同様に「何かのために」というしかありません。手広い情報の収集とささやかな刺激、それと僅かばかりの金銭のためにやっているという解答もありだと思うのですが、しかし本当にそうであるとするならば、僕はサイトの更新ではなくもっと別のより効率の良いことに手を付けているでしょう。結局のところ、長いこと続けていたら「なにか良いことがあるかもしれない」あるいは「少なくとも悪いことはないだろう」といった希望的あるいは消極的な予測に基づいた暇潰しの継続だったりします。しかしまた、そうやって暇を潰して作ったサイトに思いのほか愛着を抱いたりもするのです。

3. おわりに
 実のところ、こうした無動機でサイトを更新している人間は珍しいのではないかと思います。目的のための手段となっているわけでもなく、それ自体が目的となっているわけでもなく、わかりやすい楽しみを享受しているわけでも、なにもないところになにかがあるように思わせる努力をしているわけでもない。それでも僕はサイトを存続させ、人目に留まるところに置いています。図々しいでしょうけれど、もう少し、内側にいると実感できる場所で続きを見ていたいのです。

 本質的に目的がないにしても、あるときどこかで目的は必要になってきます。その必要とされる目的を捏造することを放棄しても、前向きに行動するということに関しては迷わない。僕が「楽観的」という語で示唆しているのはそういうことです。
[PR]
by text_project | 2006-05-08 13:31 | 香陸
誰の為に、何の為に更新していますか? / 鴎
自分のためです。サイトは自己顕示欲と情報収集欲の結晶といってさしつかえないと思います。

そもそもは自分のネタを書き留めるために始めたサイトであり、自分の持っている情報を共有することで都合のいい環境を作ろうとしている試みでもありました。

他人の喜ぶ顔を見るのが嬉しいということも一種の欲望だと考えれば、僕のすべての行動は自分のための行動だといえるでしょう。

欲望を離れること、滅私すること、完全に他人のために行動するってできるのでしょうか。

小説『フラニーとゾーイー』でゾーイーは妹のフラニーに太っちょのオバサマのために演技しろと諭します。

自分からは切り離されていて、それでいて身近に感じる他者のために、演じろと、太っちょのおばさまは誰でもあり、そしてキリストであるとゾーイーは言います。

我から離れるためには自分から切り離された一神教型の神が必要なのかもしれません。そこでは人はみな等しく神の子であり、神を通して滅私奉公できます。

あるいは、仏教のように、法を極めることで欲望から解脱し、自然と一体になることもできるかもしれません。

僕は特定の宗教に属していないので、神秘的な体験をしたこともなければ悟りを感じたこともないのですが、何かの役職として振舞うとき、自我の鎖から外れ、滅私できるような気がするときがあります。

ただ、僕は欲が深いのか、なかなかそれになじめませんが。また欲望から離れることが人間にとって幸せであるかはわかりませんが、時には自分をなくしてみる体験をしたいなと思います。

なんか全然違う話になってすみませんでした。
[PR]
by text_project | 2006-05-05 00:02 |
誰の為に、何の為に更新していますか? / みひろ
● サイト更新は自分のためにするものである?


他の人の事を考えてないということでは無いのですが、
ニュース羅列サイトって自分自身が楽しんで更新したり、
自分の為にならなければやる意味がないですよね。

ブログ形式でやっているサイトに比べて反応はきわめて薄いですし
嫌々やっている人がいたらなんてストイックな人なんでしょうと
誉めてあげたいくらいです。

元々、everything is gone は閲覧者の事を
全く考えていないサイトでした。

サイトを始めた頃に「サイトをはじめたきっかけは?」と
真面目に聞かれたらこんなニュアンスで答えたと思います。

「一部の歪みはあれど、全てをありのままに映し出すWEBという
メディアがあって、毎日これだけの出来事があって、
その中に自分のツボとして興味を持ったという痕跡、履歴を
残していけないものか、という自身の貧乏性な欲望を満たすため」

最初はそれでいいと思ってましたし
「見たい人は見れば。責任持たないから」という
スタンスで、叩かれる事を極端に、顕著に恐れながら
コソコソやっていた記憶があります。
WEBに公開した以上、自分なりに何かを期待していたんだと
思いますが、それ以上に大海に飛び込む事への恐怖がありました。

案の定、サイトを続けていると嫌でも色々と目に飛び込んできます。
それは応援の声だったり、同意の声だったり、はたまた
ノイズだったりします。そういった声に対し、天邪鬼な自分は
「一人でやってるんだからほっとけヽ(`Д´)ノ」
と、矛盾としか思えない事を書きなぐってました。

でも、しばらくして人も増えてきて
「これからこのサイトはどうなるんだろ」
と何気なく考えて、自分の矛盾と向き合った時に
はじめてそういった「声」を受け止めることができ、
糧になったんだと思います。

今は、閲覧者や同業者の反応というのは更新をする上での
スパイスとして必要不可欠になってます。
応援も同意も批判もアンチも含めて。

コソコソする必要はないけど、開き直るのも良くないですね。
やっぱりバランスです。

「誰の為に更新しているか?」に戻りますが、今の時点で言うと
「回り回って自分の為」だという結論になりそうですw
自分の更新はお遊びでしかないレベルですが、そんな中でも
社会というものがあり、人は一人じゃ生きられないな、という事を
再認識している次第です。

まだまだネットは面白くなりますし、どこからどんな
チャンスが生まれるか分からない。だからこそ
毎日新鮮な視点で、けして傍観者にならずバランスを意識しながら
更新していかないとなーと思う今日この頃でした。


● サイト更新は切り替え


個人的には「切り替え」という要素も大きいです。
リアルからネットへ、日常からちょっと非日常へ。
新鮮な気持ちをもってサイトを更新することで
自分の心境や、平凡な毎日にも変化が出てきます。
その変化を見ることができるというのも大きいですね。
自分にしか分からないレベルではありますが。

それが、「あなたは何のためにサイトを更新するの?」と
聞かれたら一番に答える部分かもしれません。



ただ、自分でやっておいて何ですがオススメはしませんよw





7回目。
前回はお休みを頂いてすみません。
さすがに息切れしてしまいました。

相変わらずつぎはぎな文章にしかならん('A`)
思いついたフレーズを膨らます方法は良くないかなぁ。。
「バランス」って「プロなんだから」と同じくらい便利な言葉ですね。

サイトを続けていると昔書いた自分の雑記やら文章やらに
赤面してしまうんですが、それは自然なことなんですよね。
変わらないものなんて無いですし、矛盾あってこその人間です。
自分にとっての過去ログは、後の自分がその立ち位置を
確認するために大事な存在だったりします。
デッドリンクだらけでもね。

と、未来の自分が赤面するような月並みな一文でしめくくる。




実はいつも後書きを先に書いている Σ(゜д゜lll) / デリケート部分みひろ


[PR]
by text_project | 2006-05-02 01:09 | みひろ