<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
職業病 / 香陸
0. 前書き
 今回のテーマは「職業病」ということで「小生にうず」の香陸です、ネット中毒の皆さん、こんにちは。かくいう僕もネット中毒であることは間違いなく、個人ニュースサイトまで運営する始末。職業病を語る以前に「熱心なサイト更新自体が病気」と思われるかもしれませんが、面白いと思った事柄に真剣になれる真面目な性格だと思って頂ければ幸いです。

 そのようなわけで、今回は羅列型個人ニュースサイトの「記事の分類、タグ付け、配置」に関して書きます。単に羅列型サイトといっても羅列の仕方はまちまちで、そこに面白さがあったりします。「これが絶対に良い」という分類・タグ付け・配置はないですが、一例でも知っておくと、これから個人ニュースサイトを楽しむときの参考になるかもしれません。

1. 心意気
 僕は「小生にうず」を「個人ニュースサイト」というよりは自分にとって便利な「リンク集」として捉えているところがあるので、そのリンクの整理ということに関しては気を使っています。ですから、やりうる分類はできるだけやっています。具体的にいうと「色でカテゴリを分ける・タグでリンクの内容を補足・テーブルを切って似た内容をまとめる」のみっつです。それと「引用元・ネタ元」を補足します。

 これを毎回やるのは面倒臭いことですが、愛があれば不可能ではありません。むしろ、この程度やらなければニュースサイタの名が泣きます。しかし、僕もしばしばこころが挫けているので偉そうなことは書けないし、実際、僕のサイトもそのことでアクセスが増えたという実感はありません。でも、たまに「見やすい」と言われることもありますから、それでよしとしましょう。愛は無償、そして、愛は病気なのでした。

2. 具体例
 では実際に、どのような気配りをしているのかを「小生にうず」を例に簡単に説明しましょう。もちろん、これは僕の重点の置き所や好みが反映されているので絶対の配置ではありません。まずはおおまかな分類を色でします。「小生にうず」は寒色系のサイトですので「報告」や「告知」、「サイト」や「まとめサイト」等まとまりのある内容を紹介するときには安定感のある同系色の青を使います。したがって、下のようになります。

■Site/Other
【サイト】
【まとめ】

 「まとめサイト」よりも「サイト」を上で紹介するのは、そちらのほうが個人の色が濃いだろうと思うからです。赤の分類でも同じですが、ある程度の情報がまとまっているとネタの強度は高まりますが、それに比例して個人の色は薄まります。僕はどちらかというと「人を紹介したい」傾向があるので「サイト」が上にきます。

■Flash/Game/Movie/Picture
【Flash】
【Game】
【動画】【集】
【動画】
【画像】【集】
【画像】

 次に赤の分類です。「Flash」から紹介するのは、それが個人の色がもっとも濃いコンテンツだと思うからです。ですから「Flash」を取り上げるときは制作者のサイトのトップページも「ネタ元」として必ず紹介します。次に「Game」です。僕はネットに転がっているゲームが好きなのですが、ネタの強度としては強すぎるため感想なしの紹介ではクリックされづらい傾向にあります。これは次の「動画」でも同じです。「動画」でも強度があるのに「動画集」ともなると強すぎてあまりクリックされません。でも、面白いから紹介したいわけです。ですから、本来ならば下に配置したほうが良いところを、逆に上のほうに配置して目立つようにしています。

 その点、「画像」は恵まれています。ネタとしての強度は「画像集」になってもクリックされる強さですから、赤の分類を下から支える意味も込めて下方に配置します。むしろ、「画像」ともなると内容が「画像一枚」ですから逆にネタの強度が弱いのですね。リンクを飛んで「猫画像一枚」とかだと、幸せにはなれますが、1クリックの重みの代価としては弱いです。ですから、これはその下の黄の分類で支えることになります。

■News(short)
【健康】
【交際】
【特亜】

 黄の分類は「一般ニュース」です。特に短いもの。しかし「All About」「IT Media」等、長い記事にもかかわらず黄で紹介しているものもあります。つまり、公式の雰囲気のあるテキストは多少長くても黄色です。難しいのは「デイリーポータルZ」なのですが、最近は黄色で紹介することにしています。また、僕は「時事」と「芸能」はできるだけ取り上げないようにしているので、「面白」「感心」といった話題が多くなっています。黄の分類で固定して使っている「タグ」は上のみっつ。それ以外は自由にそのとき感じたままに付けています。なので、もし僕がなにかしらの個性をサイトに付加しようとするのならばこの辺りですることになりますが、期待しないで下さい。

■Text(long)
【漫画】
【2ch】
 【動画】
 【画像】
 【連作】
 【AA】
 【短文】
 【えろ】
 【長文】

 そして最後に緑の分類がきます。ここは大まかに二層に分かれます。上部が「ネタテキスト」や「長文記事」で、下部が「2ch」です。層の間には「広告」を挟んでいるので、それを目印にすると良いかもしれません。上部の固定タグは「漫画」だけで、他は内容を鑑みて自由に付けています。

 そして「2ch」類がきます。個人ニュースサイトを見てまわるとわかると思いますが、「2ch」紹介は比較的下のほうでされていることが多いです。これは、いまほど「2ch」が市民権を得ていなかった頃の名残です。というのも、以前は「2ch」ネタの紹介を嫌う人、嫌がる人はけっこういたのです。ですから、そういう人に配慮して下部で紹介しているサイトは多いと思います。また、普通のネタにはタグ付けしないけれど、「画像一枚」や「2ch」ネタにだけはタグ付けしている場合もあります。どちらの場合も誤爆回避の目印となります。

 ただ、下のほうで紹介する理由はもうひとつあって、「2ch」ネタの紹介はネタとして硬いのです。今日はどんなことが「2ch」では話題になったのかなと、サイトの構造を知っている人であれば下までスクロールしてくれるのですね。特に最近は「VIP」の隆盛がありますから、ますます硬く、下に配置すると閲覧の際に一日分の更新をスキャンしてもらえるかっこうになります。ですから、そういうことも意図して下方に配置します。

 こういうのはわりとあって、例えば「everything is gone」さんでは一日の一番下のネタは「TrekEarth」等の美麗画像であるし、「ネタ帳」さんでは猫画像であったりします。また、個人ニュースサイトは後ろに一歩下がって更新される方が多いので「日記」「雑記」を一番下にちょっと載せているということもあります。これらはサイト間を滑っていくネタではないですが、固定ファンができるところです。

2.5 おまけ
 前回のテーマ「サイトの個性」と関わることですが、内容の面でのサイトの個性というものを考えたときに、その個性には二本の柱があります。一本は「集めてくるニュース」、もう一本が「それ以外」です。いますぐ上で述べたのは、どちらかというと「それ以外」に含まれる部分で、以前「俺乙」さんが指摘されていたのはこちらを強調してみてはどうかということでした。

 参考:
  「俺乙の方針」 from 「俺乙」
  「自分の個性とサイトの個性」 from 「ゆらめき雑記」

3. 後書き
 意外に長くなってしまい書き終わって自分でもやや引いたので、内容を少し切りました。それでも十分気持ち悪いのは病気の病気たるところです、申し訳ない。いちおう、あれこれ試行錯誤しているということでした。一般的には、上部で「ニュース」「テキスト」類を下部で「2ch」「画像」類を取り上げている場合が多いと思います。それが落ち着いた形ではあります。
[PR]
by text_project | 2006-02-17 14:29 | 香陸
職業病 / もそ&yujiro
【もそ】
はいっ、と言う訳で早くも第二回なんですね。びっくり。

【yujiro】
ほんとほんと、うちらのspeakslylyなんて気が向いたら更新、だしね。

【もそ】
うちらのペースと比べる事自体が間違いだから!
正直、回ってくるのが早過ぎで、普段ぬるま湯につかっているワタクシとしては、このペースだとぐうの音も出ないですよ。
って日本語おかしいですね。ここにいてごめんなさい。今日も謝らせて。

さてさて、今回のテーマはまなめさん出題の「職業病」。
こりゃまた難しいねぇ。どーするよ?

【yujiro】
俺の職業が手品師ってバレちゃ本当はまずいんだよね、、。

【もそ】
何で?女の子に魔法をかけるのが専門ってばれちゃうから(笑)?

多分今回参加されてるみなさんはビシッと本職と、ニュースサイトの管理人である自分の習性をからめつつ話してると思うんですけど、私は生粋のブログっ子・しかも良くいる専業主婦なので、職業病について語らせたら、それこそしみったれた話しかでてこないんですよねぇ。
半額シールが愛おしい、「タイムサービス」という単語にキュンとくる、洋服はバーゲン&アウトレットで!、等々、この手の金にまつわる話ならいくらでも語れるんだけど…。
さすがの私もそこまで購読者層を完全無視な内容は書けません(苦笑)。

と言う訳でサイト管理人としての「職業病」に話をシフト。

【yujiro】
俺の場合も本職とかわいい子に写真に撮らせてよ、大丈夫だよ、何もしないって、大丈夫だってほら、俺子供もいるし、あ、大丈夫大丈夫、ちょっとここ暑いからこれ一枚くらい脱いだって大丈夫だってほら、ね?って言う感じでやりたいなっ
ていう写真やウェブやプチデザインの副業を絡めて話するよ。

【もそ】
くれぐれもこのサイト、奥さんにばれないようにね!! ミンチにされちゃうよ?

えと私の場合。

そもそもあのサイトは、純粋に表で言えないボヤキの場にするつもりだったんですけど、読者さんのリアクションから察するに、好きなものへの感想や情報、私の情けない日常記録の方が受けているっぽかったので徐々にメインが移行して今に至っているのですが、確かにうんざりするような習性が形成されてしまいました。

  • サザエさんレベルの失敗をやらかしても「ネタになるからまぁいっか!」と開き直る

  • ニュースサイト&SBM&mixiのコミュはお友達

  • 大きなニュースがあるとネットで裏付け→状況確認

  • 気になるアイテムはとりあえず撮影→エントリ書きの資料に

  • 読書をしても、映画を見ても、音楽を聴いても、食事も旅行も買い物も、日々の全てがネタ元。
    感想を書きやすいか否か即時判断して選別。

  • デザイン・雑多なニュース関連の雑誌を主に立ち読み(ファッション誌は読まない)

  • おかげさまでデジタル系の話題には割と強い

  • テレビ報道を鵜呑みにしなくなった


こんな主婦おかしいし!

【yujiro】
おかしい!!
主婦っつったらさ、朝旦那を送り出したらとりあえず昼間のアバンチュールに向けて速攻家事を済ませて化粧開始だろ、普通?

【もそ】
化粧めんどくさーい!(←答えになってない)

んー、女なんだし自爆ネタを披露する必要なんてこれっぽっちもないし、本業じゃないんだからフォトショなんて使えなくてもいいし、いつマックから新製品がリリースされるかとか、そんな事はどうだっていい、って自分でもわかってるんですってば。
サイトやってる人間の良くない病気です。やめない限り治らないんだろうなぁ。

だけどね、主婦っぽくない主婦だったから、今のような交友関係が持てたのんだろうし、慢性化してもどうってことないな、ぐらいにしか思ってません。
それも私の個性の一つと言えると思うし。

【yujiro】
俺の場合ね、職業病らしきものはなんにも無いのね。
本業に関しても副業に関しても。写真見てウンチク垂れたりしないし、ネットの世界の事はほとんど知らないし。普段の生活でこだわるのは「いかにして20代の女子と話を合わせられるか、
それも超自然に!」だしさ。

【もそ】
ごめんね(泣)、20代じゃなくなっちゃってっ!!
私ねぇ、とりあえずどこかのオフ会に参加するのが最終目標。

【yujiro】
あ、やばいよそれ。主婦の最終目標はあれだろあれ、あれな。

【もそ】
うるさいよ!

【yujiro】
まぁ、それはさておき、

【もそ】
八嶋君みたいな切り方したーっ(泣)。

【yujiro】
俺も自分のサイト盛り上がってた頃は所謂オフ会みたいなものもやってたよ、音楽イベントとしてね。まぁ、サイトのオフ会ってのは8割言い訳でカフェでジャズイベントがしたかった、それだ
けでね。
あ、そういう意味ではカフェやお店でかかってる曲が趣味悪いと嫌になったりするな、職業病なわけじゃないけど、オリコンチャートとは無縁な人程仲良くなれるな。(笑)

【もそ】
いいじゃん、それでもいいじゃん!
サイトの中の人に興味があるのよぅ。見てみたいじゃんっ。

と言う訳でどっかのオフ会に誘ってください。すみっこで人間観察させてください。
って、また話しがずれてるしー。
[PR]
by text_project | 2006-02-16 19:50 | もそ&yujiro
ニュースサイト管理人は職業か? / 鴎
今回のお題は「職業病」ということで。

で、ちょっと考えてたのですけれども。「はて、果たしてニュースサイト管理人って職業なのかな」と思ってしまいました。

ありたいていに言えば、職業人、つまりプロフェッショナルというのは、サイト更新で儲けを出している人といえそうです。この定義で言えば僕はアフィリエイトをやっていないので、プロとはいえないと思います。

人がなにかのプロになるということは、役割を演ずることだと思います。それぞれが、その職業に期待されるふるまいをすることで、世の中は回っていくものだと思うのです。教師は教師らしく、政治家は政治家らしく、そして、あるいは先輩は先輩らしくあるべきだともいえるかもしれません。「○○らしく」という言葉が意味するところは人によって微妙にぶれがあるかもしれませんが。

仮に「ニュースサイト管理人」という職業があるとして、まず思いつくのはカトゆーさんHemoSTATIONさんです。センスといい、量といい、素晴らしいです。そのストイックな姿勢が職人っぽいです。

そうなのです、プロはストイックであるべきだと思います。もっといえば、サービスを提供する存在には、人間味はいらないといってもいいのではないでしょうか。例えば水道屋を家に呼んだとき、延々愚痴をきかせられては困ります。弱みをみせずにプロを演じてもらいたいと、消費者の立場である僕は思うわけです。

そういう意味で、「楽屋オチ」というネタには芸がありません。よく芸能人が自分の私生活をネタに話していますが、あれと同じようなものです。まぁあれにも才能はいるでしょうが、「芸」とは違う気がします。

しかし、親密な人、環境が似ている人、そして興味のある人のする裏話は非常に面白いものです。むしろ、普通の芸よりそっちの方が面白いことがあります。

そういう時は、その人のことを「ネタ優先」でなく「人優先」でみていると思うのです。

ニュースサイトに関しても、ただサービス提供者という見方だと、いわゆる日記やサイト間の挨拶、サイト論なんてのは本道から外れた邪魔なものでしかありません。そういうものに拒否感を覚えるのは当然だし、ストイックにやられている方はかっこいいです。

しかし、人として見るとき、ニュースサイトに人をみるときはそのノイズの部分こそが面白いと、僕は思うわけです。

僕にとってニュースサイト更新は職業ではないので、日記もかけば弱みも見せ、サイト論もたまには書きますが、観ている人にとって「こいつちょっとだけ面白いな」となるような知り合いになりたいなと思っています。
[PR]
by text_project | 2006-02-16 00:22 |
職業病 / わんこ
1.日頃からアンテナは高めに
面白い情報というのはいつどこでどのような形で転がってくるか分からない。だからネッ
ト以外のメディア媒体、例えばテレビもつけ流しで見る、と言うよりかは聴くし、友人か
らの情報も貴重である。どうでもいいが、実は水曜どうでしょうのDVD予約日発表の情報は
友人から得たものである。
また、もちろんネットしている時もたとえ更新中であろうとなかろうと得た情報は俺ヘッ
ドラインにリンクしていく。更新中でない時にはその情報をお気に入りなどにストックし
ておいて次の更新時に記事に載せる。以前mixiのジョジョコミュニティを参照元にしたの
がいい例である。

2.新規巡回先を探すのが趣味である。
暇人とはいえ出来るだけ効率的に自分の興味ある話題・他のサイトにないような話題を見
つけたいと思う。だからリファラなり、検索をかけるなりして自分好みの話題を取り上げ
ているようなサイトを常に探している。

3.はてなアンテナに翻弄される
巡回する時の目安としてアンテナの上から順番に前日の俺ヘッドラインの所まで巡回する
ことにしている。しかし、はてなアンテナはサイトが更新されても、瞬時にアンテナに反
映される訳ではなく幾分かのタイムラグを生じている事が多い。だから余計にこのサイト
は実は既に更新されていてそこにはすごく面白いネタがあるかもしれない等という疑念が
生じ、結果俺ヘッドライン以下の20サイトぐらいオーバーランしてしまう。
はてなアンテナに信頼を置くことの出来ない昨今である。

以上職業病と聞いてとりあえず思いつくものを列挙してみた。言えることは上記全ての根
底にあるものはどこかにいいネタはないかという情報欲であり、自分がその欲にまみれて
いることを再認識したと言うことだ。このあたり他のサイトの方々はどうなのだろうか。
[PR]
by text_project | 2006-02-14 12:57 | わんこ
職業病というか更新習慣病 / みひろ
「今回は書きやすいかも」と思いながら
余裕かましてたら、思ったより出て来なくて
困りました職業病。

正確には「ニュース系サイトを運営していると私生活に出てしまう癖」
だと認識しているんですが、あまりにも出てこないので
「サイト・ネットに漬かり過ぎると出てくる症状」
「更新時慣習になっていること」
も含めて職業病ということで。
今回は箇条書きっぽく。

とりあえずリロード

他のニュースサイトさんを見る時はタブブラウザで
イッキに開いたりするので、最後のほうに開くサイトさんは
既に情報が古い可能性があるためリロードするんですが
普段ネットをしてる時でも何気なくリロードしてしまう癖が。。。
あと、関係ないんですがテキストエディタでも何かを打ち込み終わる度に
CTRL+S(保存)する癖があります。今も。

GoogleやWikipediaに繋がらないと不安になる

Googleは普通にモノを調べるにしてもそうですが、
YAHOO!Japanなどの、ニュースがすぐに流れてしまう
サイトの場合引用元に移し変えるようにしていて、
同等のニュースを探すのにGoogleニュース検索が
非常に使えるからです。

Wikipediaもなんだかんだで用語の引用には欠かせません。
まぁ今まででWikipediaが落ちた状態を見たのは一度だけですが。

海外ニュースで画像が無いニュースはとりあえずYahoo.comで検索

「世界一の○○」系のニュースで画像が無いってのは閲覧者を
期待させる分記事としてダメだろうなと思うので・・・
探しても無い場合は記事自体を捨てる事もしばしば。
後で画像が出たときにまた拾ったりします。

この記事はあのサイトが拾ってそうだなと勘ぐってしまう

見に行ってみると大体扱ってます。
ツボのクセというか。なんとなく分かるんでしょうか。
逆にウチもよく来る人や、巡回されている他のサイト管理人の
方々にはツボのクセがバレバレなんだろうなぁと思います。

雑記部分に書く事を常に探そうとしてしまう

くどいようですが文章を書くのが大の苦手なもので
たった数行の雑記に15分くらい悩む事もあります。
稀に良い意味ではまる時があって、その時は物凄い
(といっても10行程度)量になるんですが。

毎日色々な事があるはずなんですが、
サイトに載せるほどではなかったり、
サイトに載せるには色々と問題がありそうな
事だったりするので
「サイトに書ける無難で面白い出来事ないかなぁ~」
と探してしまうわけです。
まぁ、実際にはそんなものは滅多に転がってないわけで
更新時間に追われながら無理やり作られているのが
今の投げやりな雑記だったりしますw

モノが増える
色々と巡回していると欲しくなるものが多いわけです。
めっつぉさんやEngadget JapaneseさんやFresh News Deliveryさんには
いつも物欲を掻き立てられます。
有機ELキートップのキーボードはきっと購入してしまうw

損得勘定だけのメールがなんとなく分かる
明らかな宣伝メールではなく、「こうやってへりくだって・・・・・・居れば大丈夫」
というような、一見礼儀正しそうに見えてもマニュアル通りの文面。
んで返信したらそれっきりと。「あ、やっぱりね」と。

それなら見様見真似の堅苦しい敬語なんてどうでもいいから
もっと分かりやすく用件書いてくれよ、と思います。
まぁこれは蛇足でした。ちょっと最近思う所があったので。


他に細かい部分では

● 大きな出来事が起こるととりあえず2chニュース系板&実況板にアクセス
● 綺麗な風景や猫に遭遇すると写真に収めたくなる
● 気になるデザインのサイトはソースを見てしまう

こんな感じでしょうか。なんだか全然まとまってないですが、結局
私生活に影響する職業病というのは自分の場合はあまり無いということで…。



2回目。

1回目の他の方のテキストを見て本気で後悔したわけですがw
なんであんなに長く書けるのか、そしてその時間と
モチベーションの作り方を教えて欲しい。
結局タイムアップでこんな中途半端なテキストに
なってしまいました。というか自分のは単なる日記でしかないですが。

自分不器用ですからこんな書き方しか出来ません。
こんなんを生み出すにもフル更新の10倍は疲れます。
でも空行・改行で偽装工作してるのバレバレだぞと>俺

でも皆さんの価値あるテキストの中に自分みたいな
稚拙なのも混じってて面白いのかもなぁ、
とポジティブ思考でいきたいわけです。

#この言葉回しが既にネガティブであって、実にタチの悪い
#(本文に書いたマニュアル通りの礼儀で損得勘定な)
#部分でもあるわけですがw

普段使わない頭を使っている、という事だけでも
自分にとって価値のあるプロジェクトなので、
投稿させて貰えるうちは書きつづけようかなと思ってます。

今回からタグを使ってみましたが<RUBY>って使ってよかったのかな?

BackNumber:
第一回:あなたのサイトの個性は
何ですか?



「ほとんど」は「殆ど」と変換しない派 みひろ
[PR]
by text_project | 2006-02-13 14:27 | みひろ
ニュースサイタの職業病をあるある探検隊風にお届けするよ! / セミマル
 はい、というわけで第二回目がきてしまいました。皆さん、こんにちは。ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWSのセミマルです。前回のテキストは想像以上に多くの人の目に触れたようで、恥ずかしいことこの上なかったです。

 さて、本日のお題は「職業病」です。特に意味もなく、あるある探検隊風味でお届けしようかと思います。では、どうぞ。




ネットがないと 死んじまう ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
個人ニュースサイト管理人のほとんどがかかっている病気。一日一度はネットに繋いでしまいます。治療法はありません。





更新しないと 落ち着かない ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
面白いネタ見つけたのに、更新しないと、何となく損した気分になります。お風呂に入ったり、ご飯を食べたりするのと一緒で、サイト運営が完全に生活の一部と化しています。





今日も あの娘に だまされる ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
ネットに漂う情報というのは嘘や間違いがよくあります。そして、我々はそんな娘(情報)たちに踊らされ、今日もまた性懲りもなく騙されるのです。





あのネタ 今ごろ 流行ってる ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
一週間前に自分が取り上げたときは、全然話題にならなかったのに…ってのはよくあります。正直、ちょっと切なくなります。いや、いいんだけどさ……。





こころは いまも しょうがくせい ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
いい年こいて、いまだにヽ( ・∀・)ノウンコーとか言っては喜んでいます。ウンコネタ、大好きです。





馴れ合い ウザイと 怒られる ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
ニュースサイト界隈ではサイト同士の馴れ合いがたまに行われます。そして、そんな時だけ閲覧者は勢いよく反応をくれたりします。普段は何のリアクションもしてくれないのに(笑)





動ナビ爆撃 ちとビビル ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
動ナビにリンクされると「ニュースサイトのアクセス数 < エロサイトのアクセス数」という当たり前の現実をまざまざと見せつけられます。一日に数万人規模の人間が飛んでくるというのは、なかなか尋常じゃありません。





ちょっとの つもりが 午前様 ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
ちょっとだけと思いつつブラウザを開くも、気付いたら2、3時間経ってたってことがよくあります。このクセはホントに直さなきゃと自分でも思ってるんだけどね…。





セカンドブログは 放置気味 ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
本家サイトとは別にブログを持っているサイトさんは意外と多いです。最初は、本家ではできないことをやっていきます!だとか意気込んでみたりするんですが、1ヶ月も経てば大半は放置されます。オマエラ、たまには更新しろよ。





サイト論には 飽き飽きさ ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
んなこと考えてるヒマあったら巡回しる!と主張するサイトさんは結構います。しかし、そんなこと言いながら、しっかりサイト論を取り上げてしまうあたりにニュースサイト管理人のサガを感じずにはいられません。ちなみに当方は好きです、サイト論。





たまには 語って みたくなる ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´)
  (/ /)  (/ /) ))
  < ̄<  < ̄<

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

あるある探検隊!
 あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

【解説】
だから、この企画に乗ったのかもしれません。おかげで茨の道を自ら歩むハメになったんだけど。





  今日も 今日とて 更新だい! ハイ!
 (( (`Д´) (`Д´) ))
  (/ /)  (|  |)
  < ̄<  < ̄<

  ハイ! ハイ! ハイ!
  (. `Д)_(Д´ )
  ノ ノヽ |  |>
  ノ >  < ヽ

     ハイ!
  (.   )_(`Д´)ノ
  ノ ノヽ |ヘ |
  ノ >    <

  ハイ!   ワァオ!
  (゜∀゜)_(゜∀゜)ノ
  ノ ノヽ |ヘ |
  ノノ     <

  あるある探検隊!
 _(Д´ )  _(Д´ )
  ヘ|  |\  ヘ|  |\
    <     <

  あるある探検隊!
   あるある探検隊!
  ( `Д)_ ( `Д)_
 /|  |ヘ   /|  |ヘ
   >       >

  あるある探検隊!!
ヽ(`Д´)ノ   ヽ(`Д´)ノ
  ヽ ヽ     /  /
   l ̄l    ┘ |

【解説】
個人ニュースサイト管理人というのは忙しかろうが、風邪をこじらせてダウンしようが、交通事故に巻き込まれてあちこち打撲して、仕事で使ってた軽が大破しようが、更新し続けるものなのです。我らが個人ニュースサイトは永久に不滅です。




あとがき的な何か

  • 今回は「職業病」というテーマであった。
    • 職業病と全然関係ないネタまで混じっているがいいのだろうか。
    • 自問してみるも、まぁいいやという、投げやりな結論に達し、そのまま放置。

  • 一巡終えての感想とか。
    • 人のを読むのはやはり楽しい。
    • しかし、想像していた以上に多くの人が集まっていて困惑している。
    • サイト論なんてみんな興味あるの?

  • 二回目のテキストの言い訳とか。
    • とても長文が書けそうになかったので、アスキーアートで行数を稼ぐという暴挙に出た。
    • おかげで、中身スッカスカだが、長さだけなら誰にも負けないんじゃないだろうかと思う。
    • まぁ、何の意味もないが。
    • 本当にこんな調子でいいんだろうか?

[PR]
by text_project | 2006-02-12 13:03 | セミマル
職業病 / とし
職業病とはなんだろうか?
一般的にはある職業に就くことによって身体にしみこんだ習慣とでもいうのか。おそらく世間ではより広義に使われ、何かをしているから身に付いたというニュアンスなのだろう。 では、サイト運営者として身体に染みついている習慣とはなんだろうか。 いくつか思い当たる。

真っ先に思いつくのは巡回。
普通の人でもwebを閲覧するときには巡回するのだろう。 しかし、その見方が違うのではないかと思う。 漠然と眺めるのではなく、明確にサイトで取り上げるためのネタを探しに行くというスタンスは一般的ではなさそうだ。
気にするのは、1)自分自身がその話題に興味があるかどうか、2)わかりにくい部分がないだろうか、3)付加すべき情報が無いだろうかといった点である。
紹介するだけではなく、話題として展開する余白がどれだけあるのかがネタを選出するポイントになる。 これは時間が無くて更新など決してできないときでも行われる選別であり、職業病だといえそうだ。

はてなブックマークで取り上げる話題に関しては、1)が選出における最重要点になる。これは枠組みが異なるためだろう。閾値の取り方が非常に難しく、現在悩んでいる点でもある。羅列型ニュースサイトから長らく離れていた弊害である。
取り上げるかどうかの選別は日々更新することによって鍛えられていくものであると思う。つまり閾値は経験と習慣に基づくものであり、閾値を意識した閲覧はサイト運営者の職業病だと思う。


真偽のほどが気になる。
科学系の話題を多く取り上げるためであるのだが、新聞社などのニュース解説の場合は特に細かい記述における表現が気になることが多い。
GoogleやWikipediaを使って検索・探索し、派生する情報を集めてその表現が的確かどうか調べるクセがついた。これも巡回と同様で普段から行うようになってしまった。
気がつけば記事にできるくらいの情報が集まることも多い。この課程で記事として取り扱うことになるものも少なくない。 それは付加情報がおもしろい場合で、ニュースそのものは枕ネタ程度に扱われる。 しかし、ネタとしてストックされることは少ない。 こういう意味では、私自身にサイトがニュースサイトであるという意識が少なからずあるのだろうなと感じる。


技術的な話題と表現方法をリンクさせてしまう。
はてなブックマークの話題をあげたが、これをはじめとしてMovableTypeなどのブログツールやRSSリーダなど、更新や巡回を便利にしてくれる道具に目がない。特にSBMやwikiなどに触れると、それを使って興味をどんな風に表現できるだろうかとつい考えてしまう。
第1回目でも少し触れたが、興味の表現は枠組みによってある程度達成されるものであると考えているためである。 つまり、MovableTypeのような枠組みで表現しやすい意識もあれば、はてなブックマークで表現しやすい意識もあると思っている。

webで公開されている構築用の枠組みにはユーザがいじる余地があり、自分の意図を表現する道具として使えそうだと感じることが多い。大いに利用して遊びたいとかき立てられる。これはサイトを運営しているからこそ感じる欲求であり、ある意味で特権だと思う。プラグイン開発などが最もわかりやすい例であろうか。
RSSリーダからはてなブックマークへ自動投稿し、そこからMovableTypeに自動的に投稿するといった更新は非常に楽しい。自由自在にこういうのが書けたらいいのだけど、それほど詳しくないという実情が悲しい。

わたしの職業病は
「記事として取り上げる感覚」と「サイトの枠組みと興味の表現の関係」について意識しているようだ。 どちらもサイトという装置を介して自分の興味の方向をどのように指し示そうか、形として残そうかとしていると考察できそうだ。




普段は思ってもみないことだったのだが、いざテキストにしてみるとわかることがあるのだと感心した。これがお題に対して無理くり文章を書く、この企画の醍醐味だと感じる。
もちろん、人の文章を読むことはおもしろい。 だが、企画の神髄は書くこと、言葉にすることにあるのだと思います。

これを読んでいる皆さんのご参加もお待ちしております。
[PR]
by text_project | 2006-02-11 13:11 | とし
Project::Logisticaに記事を投稿してみませんか?
Project::Logisticaでは「著者」をメンバーとして定めていますが、
皆様の参加もお待ちしております。
お題に興味を持たれたら是非テキストを寄稿して下さい。

お題に沿ったテキストだけではなく、目次で「付随エントリ」としてまとめているような
Project::Logisticaを読んだ感想等も大歓迎です。

寄稿方法はTrackbackまたはコメントによる報告とさせていただきます。
いずれもこのエントリにTrackback、コメントいただければ
目次に加えさせていただきますので是非ご参加下さい。
[PR]
by text_project | 2006-02-10 08:21 | Information
ウェブサイトはインターネット大好き人間の副産物である。 / まなめ
第一回のお題は「あなたのサイトの個性はなんですか?」ということで、自分のサイトの紹介もかねての文章でした。
そして今回のお題は「職業病」。一応、個人ニュースサイターズライフのような、個人ニュースサイト管理人をやっているとこんな癖がついちゃうよ~的な文章を期待してのお題ですが、そこまで狭めてしまうとみなさんのネタがかぶってしまいそうでしたので少々枠を広げてみました。

今回、私が期待していることは自分語りです。前回が「自分のサイトについて」ならば、今回は「自分自身について」といえるでしょう。この意図をどこまで理解してくれた文章が出てくるか、楽しみであります。
そして読者のみなさま。自己紹介みたいなお題を連続させてしまって申し訳ない。第一回のお題で『サイトの個性は管理人が違うことである』という結論を出した人が多かったように、サイトの中には管理人がいるのです。だから、私の興味は管理人自身について。こんなお題になってしまいました。

さて、変化球投手の私に一番手は重荷ではありますが、出題者としてまず書かせていただきます。




ピポッ。ウイーーーーーン・・・

PCの電源を入れると何かワクワクしてくる自分がいる。

---

自分のサイトを毎日更新するようになって8年が経つ。ここまで続くと、すでにサイトを更新することは生活の一部であり、更新しない方が逆に落ち着かないと感じるほどだ。一週間くらいPC離れをすれば、更新しないことが普通になるだろうが、たまに帰省したとしても2~3日しかないので、むしろその2~3日の間は巡回がしたくてたまらなくなる。

最初は週刊誌で連載されているマンガの感想サイトをやっていた。当時の私は、近所のコンビニの週刊誌入荷時間とフライングゲットできる書店を限りなく把握してしまった。おそらく店員さんも私のことを把握していただろう。

そして毎日、日記を更新している。毎日更新していると、PCに向かって「さぁ、書くぞ!」と思っても、今日も特に変わらない一日でしたとなってしまう。そのため、メモ帳を持ち歩くようになった。ふと思い浮かべたことをメモするようになってから、自分の思考も深められるようになった。

最近は個人ニュースサイトをメインでやっているせいか、暇があるとつい、常に最新ニュースを求めて巡回をしてしまう。そんな私にとって、一つの良いニュースを見つけることより、とても良い情報源を見つけることの方がうれしかったりする。

こんな私の行動は「やるならばとことんやる」という私の性格が実に良く出ている。やるならば全力投球するのがそれを楽しむ秘訣だと思っている。だから、自分のウェブサイトを持ち、それを毎日更新する行為こそが、インターネットの楽しさにどっぷり漬かってしまった私の職業病なのではないだろうか。

---

カチッ。ヒューーーン。

PCの電源を落とすと同時に、視界を外に向ける。「ネット上の最新情報は、ネットよりも街中に落ちているものだ」なんて考えている私は、すでに末期症状なのかもしれない。
[PR]
by text_project | 2006-02-10 06:55 | まなめ
お題 その2
第2回のお題は

「職業病」 by まなめ@まなめはうす

です。
[PR]
by text_project | 2006-02-08 14:16 | Information