カテゴリ:みひろ( 6 )
誰の為に、何の為に更新していますか? / みひろ
● サイト更新は自分のためにするものである?


他の人の事を考えてないということでは無いのですが、
ニュース羅列サイトって自分自身が楽しんで更新したり、
自分の為にならなければやる意味がないですよね。

ブログ形式でやっているサイトに比べて反応はきわめて薄いですし
嫌々やっている人がいたらなんてストイックな人なんでしょうと
誉めてあげたいくらいです。

元々、everything is gone は閲覧者の事を
全く考えていないサイトでした。

サイトを始めた頃に「サイトをはじめたきっかけは?」と
真面目に聞かれたらこんなニュアンスで答えたと思います。

「一部の歪みはあれど、全てをありのままに映し出すWEBという
メディアがあって、毎日これだけの出来事があって、
その中に自分のツボとして興味を持ったという痕跡、履歴を
残していけないものか、という自身の貧乏性な欲望を満たすため」

最初はそれでいいと思ってましたし
「見たい人は見れば。責任持たないから」という
スタンスで、叩かれる事を極端に、顕著に恐れながら
コソコソやっていた記憶があります。
WEBに公開した以上、自分なりに何かを期待していたんだと
思いますが、それ以上に大海に飛び込む事への恐怖がありました。

案の定、サイトを続けていると嫌でも色々と目に飛び込んできます。
それは応援の声だったり、同意の声だったり、はたまた
ノイズだったりします。そういった声に対し、天邪鬼な自分は
「一人でやってるんだからほっとけヽ(`Д´)ノ」
と、矛盾としか思えない事を書きなぐってました。

でも、しばらくして人も増えてきて
「これからこのサイトはどうなるんだろ」
と何気なく考えて、自分の矛盾と向き合った時に
はじめてそういった「声」を受け止めることができ、
糧になったんだと思います。

今は、閲覧者や同業者の反応というのは更新をする上での
スパイスとして必要不可欠になってます。
応援も同意も批判もアンチも含めて。

コソコソする必要はないけど、開き直るのも良くないですね。
やっぱりバランスです。

「誰の為に更新しているか?」に戻りますが、今の時点で言うと
「回り回って自分の為」だという結論になりそうですw
自分の更新はお遊びでしかないレベルですが、そんな中でも
社会というものがあり、人は一人じゃ生きられないな、という事を
再認識している次第です。

まだまだネットは面白くなりますし、どこからどんな
チャンスが生まれるか分からない。だからこそ
毎日新鮮な視点で、けして傍観者にならずバランスを意識しながら
更新していかないとなーと思う今日この頃でした。


● サイト更新は切り替え


個人的には「切り替え」という要素も大きいです。
リアルからネットへ、日常からちょっと非日常へ。
新鮮な気持ちをもってサイトを更新することで
自分の心境や、平凡な毎日にも変化が出てきます。
その変化を見ることができるというのも大きいですね。
自分にしか分からないレベルではありますが。

それが、「あなたは何のためにサイトを更新するの?」と
聞かれたら一番に答える部分かもしれません。



ただ、自分でやっておいて何ですがオススメはしませんよw





7回目。
前回はお休みを頂いてすみません。
さすがに息切れしてしまいました。

相変わらずつぎはぎな文章にしかならん('A`)
思いついたフレーズを膨らます方法は良くないかなぁ。。
「バランス」って「プロなんだから」と同じくらい便利な言葉ですね。

サイトを続けていると昔書いた自分の雑記やら文章やらに
赤面してしまうんですが、それは自然なことなんですよね。
変わらないものなんて無いですし、矛盾あってこその人間です。
自分にとっての過去ログは、後の自分がその立ち位置を
確認するために大事な存在だったりします。
デッドリンクだらけでもね。

と、未来の自分が赤面するような月並みな一文でしめくくる。




実はいつも後書きを先に書いている Σ(゜д゜lll) / デリケート部分みひろ


[PR]
by text_project | 2006-05-02 01:09 | みひろ
失敗談 / みひろ
延々と「そもそも失敗とは何か?」というのを
語れば長く書けそうですがまとまらなさそうなので
サクッと失敗談語りますよ。

● 安心が災いする


前回のテクニックでも書きましたが、更新しやすい
サイトを目指してきただけに、更新自体の失敗はだいぶ
減ったと思います。ただ、同時に油断も生まれてしまい
それが予期せぬ失敗を生むこともあります。
これは仕事にも言えるんですが、ルーティンワークを
いかに効率化するか、という事だけを考えていて
変化に弱い処理をしてしまうのは自分の悪い癖です。


● TrekEarthアク禁!?

一番大きな失敗談はこれですね。

TrekEarthTrekLensTrekNature(以下TE)はこの量とクオリティで一部
ニュースサイターに好評な写真サイトで、自分がはじめてTEに触れたのは
わんこさんのサイトか、Logistica座長のとしさんのサイトだったと思いますが、
それ以来随分とお世話になっています。更新時以外でもよく見るようになり
世界中の写真が続々と投稿されていくTEの虜になっていきました。
当然サイトでも扱う頻度が高くなったのですが、上にもある「効率化」を
求めた結果、報いがやってきました('A`)

現在のTEにはRSSフィードがありますが、以前は無かったので自分でパースして
RSSリーダーに登録し、TEの個別ページをガバガバと開いて見ていたんですが、
それが原因でした。ある日、RSSのエントリーに一つも登録されていないので
「またページの仕様が変わったのか」と思いながらアクセスしてみると応答なし。

Σ(゜д゜lll)まさかと思い、proxy経由でアクセスしてみるとアクセスが出来る。


「あぁぁぁやっちまったぁぁぁ!」と。この瞬間は残念という気持ちより何よりも

申し訳ない気持ちで一杯で、「なんとか謝罪だけでもしたい」という思いで管理人の方に
連絡をとってみました。この行動も今となれば良かったのか解らないですが、
幸いTEの管理人さんは日本語も堪能な方だったので、何とかメールをやり取りし

後日、再度アクセスが可能になりました。
ええ。自分が第一回で書いた「損得勘定丸出しのメール」ですけどね('A`)

当サイトを普段ご覧になっている方がこれを読んでいれば解りますが
しばらくTEの記事が消えていた時期があったのはこれが原因です。
それ以来しばらく勝手に謹慎していましたが、最近負荷を掛けないように
画像を閲覧できるスクリプトを組みなおして、それを使って更新しています。

(TEは大手とは言え高負荷になっているかもな)と思いながらも
だましだまし多くのリクエストを送っていた事は、反省しきりです。



● おまけ オフのこと

オフでもオンでも、サイト名と管理人名と顔が一致しません。
はじめてじゃないのに「はじめまして」は何度もやらかしましたよ。
お恥ずかしい。そして申し訳ないです。
俺に顔覚えさしたら大したもんっすよ(長州小力ばりに)ぐらいの
記憶力の悪さです。内向的な自分が悪いんですが、もしはじめましてじゃないのに

「はじめまして」と言われてしまった時には笑って指摘してやって下さい('A`)




5回目のどうも。
次々と出現する締め切りという敵に息切れ状態のかませ犬みひろです。
テキストはノッてくる(死語)と楽しいんですが、ノッてる時は大抵暴走していますw
今回の話は無知という恥部を晒すようなものなんですが、思い当たる唯一の大きなミスなので
身を削って書きました。といっても単なるアク禁なんですけどね。

ところで、「反省しかり」「反省しきり」ってどっちが正しいんでしょう。


リアルだと「だぁーーっ!」と叫び転げ回りたくなるトラウマスイッチがびっちり
/ みひろ
[PR]
by text_project | 2006-03-21 13:27 | みひろ
テクニックという名の一時凌ぎ / みひろ
テクニックということで。
今回はなんとなく目処が立ちそうだぞと。

こうすればニュースサイト運営できる!なんてもんではないです。
今更言う事でもないですが、ニュースサイトなんてネットに繋がった
PCさえあれば誰でも出来ます。専門性を持たせるとなるとちょっと変わりますが、

ごった煮サイトなら、最低限うちのサイトくらいには簡単になります。
続くかどうか。それ以前にやりたいかどうか。そこです。
なので「自分はこんな感じよ」というヨタ話に過ぎませんが。


巡回先は多すぎず


うちのサイトは基本的にRSSリーダーとWWWCでの更新です。
オーソドックスにやってます。「巡回先は多いに越したことはない」
とは今は無き某ニュースサイト管理人さんの言葉ですが。
ある程度上限を決めて入れ替えてやっています。
現在の巡回サイト数はRSS拾ってるサイトを含めると150くらいです。
このくらいが漏れもなくちょうどいい感じだと思ってます。
当然個人差はありますし、その150のチョイスも大事ですが。


画像があるといいなぁ


以前もLogsiticaで書きましたが、画像が欲しいなぁというような
ニュース(世界一のパエリヤとかw)は、画像検索を行います。
とりあえずYahoo.comでニュース検索をすると、それに関連した画像が
ある場合は右下の方に「NEWS IMAGES」というものが出てきます。
海外ニュースが国内のサイトで紹介されている頃には画像も多く
Webに載っており、ヒットする確率が高いです。


掲載期間の短いサイトは代替記事


ポータルサイトなどに掲載されるニュースは寿命が短いです。
WebArchiveに記録される隙もなく、すぐにデッドリンクとなります。
永遠に残るサイトなんぞありませんが、さすがに1ヶ月くらいは保持
していて欲しいもんです。
掲載したいニュースでも、そういったサイトにリンクされている記事を
発見した場合は、なるべく同様の代替記事に差し替えて紹介しています。
googleニュース検索で一発。


更新スクリプトで色々と


テクニックになるのか分からないですが、
更新はテキストエディタではなく、Webに投稿用スクリプト
を組んで、そこから一つ一つ投稿する形で行っています。
ある意味、ブログの投稿に近い雰囲気です。

フォームにURL,タイトルをペーストする作業なので
オートアンカーよりも少々面倒なのですが、
テキストエディタが落ちて全てパァということが
無くなるメリットは大きいです。

また、過去に同じURLが無いか、DBをなめることで
同じURLを2回紹介してしまう事を防いでいます。
ペーストミス防止にも役立ってます。
ただし、ニュース一件登録する度に膨大な過去ログを
参照するため負荷がかかるので、この機能は使ったり
使わなかったりですw
一日分の投稿が終わったらイッキに調べりゃいいんだよなぁ。
と思いつつも直せずに居ます('A`)

閲覧者が入れ替わってるとは言え、「何度目だ○○」というような
使いふるされまくりんぐな画像ネタはなるべく避けるようにしてます。
「既出だったらすいません」なんてコメントもなんだか紹介してる人に
失礼な気もしますし。以前はよくやってましたが…。


ジャンル分けについて


ジャンル分け、やっていたんですが見た目がしっくり来ず
すぐに止めてしまいました。以前200万PVの時にアンケートを
行ったんですが、「以前のごちゃごちゃしてたほうがいい」という
意見がいくつかあったので、悩んだ末に並びはぐちゃぐちゃで
アイコンでジャンル分け、という状態になりました。
これまたしっくり来ないので何かアイディアは無いかなと
思っているんですが。


ぶっちゃけてしまうと


ニュース系サイト更新は考えるな、感じろw

そりゃ正直、疲れてる日なんかは斜め読みな日もありますよ。
勘に頼ってしまう部分もありますよ。にんげんだもの。
(さすがに同じ日に同じ記事を2回紹介してしまった時は深く反省した)

このへん、Logisticaの面子ではちょっと異端児かもしれませんが
一日の限られた時間で安定した更新と充実した内容のバランスを
とりながらやっていくしかないんですよね。
と、現実的な話で締めくくる。



こんなもんでしょうか。



さて、私にとっては3回目のテキストです。
え?4回目?知らんがな(´・ω・`)

書きやすいテーマだったので、
今回のテキストはすんなりいきました。
平日の一夜で書けてしまうなんて驚き。

でもサイトで常に書いてきた事も多いので
思い入れはあの3回目を下回りますけどね。
途中からテクニックじゃなくなってるしなぁ。

まぁ、毎回醜態を晒していくことで
回を重ねるごとに気軽に書ける気がします。
今回もぶっちゃけてしまいましたし、一人歩きしてる
「みひろ」とか言う人物が少し近づいた気がします。


俺は凡人です。言わなくても分かるってさ。


<p>タグはさすがにまずい気がする / みひろ
[PR]
by text_project | 2006-03-08 16:06 | みひろ
印刷媒体とウェブ / みひろ
正直、何も浮かばないので
ウェブをデジタルデータに、
印刷媒体を紙に置き換えて考えてみた。
やっぱり何も浮かばなかった。
そこで、今回は矛盾も脈略も気にせず
それっぽく、なりきって書いてみた。

----------

紙媒体とデジタル

世の中モバイル機器が幅を利かせ、ペーパーレス化が進んではいるが
相変わらず印刷物は大きな力を持っている。

日本人が特に「契約書」というものに弱いのもあるが
何百年経っても紙の印刷物というものは無くならないだろうと思う。
紙というものは無くなるかもしれないが、デジタルデータだけの社会にはならない。


こうやってテキストをウェブに寄稿する。
何万回でも跡形もなく消せ、そして書き直せる。
子供の頃初めてワープロを触って以来この感覚は当たり前に持っているが
当然、紙ではそうはいかない。そこが印刷媒体の存在意義だと思う。

デジタルなデータにどっぷり漬かった生活を送っている我々だが、
いつか足をすくわれるのではないか。

デジタルデータは印刷が日に焼けて消えたりはしない。
だが、たった一度の停電で全てが消えてしまう事もある。
自分のサイトも、2006/2/20現在までで38,946件の記事が記録されているが、
一瞬で消すことのできるちっぽけなデータでしかない。

今こそ、再び紙媒体の価値を見いだす時代になっているのではないだろうか。


ゆとり小学校3年1組 みひろ






なんだこれ('A`)



はい。苦情は受け付けませんw 落としたと思って忘れてください。
ノリと一時凌ぎでは乗り切れないテーマ」というものに
初めて遭遇したという意味では、記憶に残る貴重な回です。
今回はほんとごめんなさい精進しますということで。

まぁ、卑屈になってもしょうがなく、書けないなら書けないなりに
思いっきりネタ要員として演じるべきだったのかもしれません。
高すぎるハードルなんてくぐってしまえぐらいの。
しかし飛ぼうかくぐろうか悩んでるうちにハードルに体当たり。
ウケも狙えず中途半端に転ぶ結果となりました。
このへんも立ち回りが下手で頭の固い自分が良く出てます。
人間、出来る事からやらないと途方に暮れます。
文豪から文盲(=自分)まで揃っているというのがLogisticaの魅力である、と
やぶれかぶれに思っております。

*・゜゜・*:.。..。.:*゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*

「どうやったら読む人を惹きつける文章が書けるんだろう…」
そんな悩みが生まれるのもこのプロジェクトのいい所ですね。
普段そんな事考えないですから。

書いてる途中に「あ、これは前回書きたかったなぁー」とか
「このフレーズは次回使いたいなぁ」とか、何気に言葉のストックが
溜まっていくのは楽しいですね。所詮こんな駄文ばっかりですけどね。

関係ないですが、この間サイトのデータベースが使用不可能になり
リカバリーが出来たので良かったのだが消えてたらショックでサイトを
辞めていたかもしれないという事がありました。
バックアップはこまめに取りましょう。

本文はまったく進まなかったのに、自意識過剰な言い訳は10分で書けてしまう哀しさ。


BackNumber:
第一回:あなたのサイトの個性は何ですか?
第二回:職業病というか更新習慣病

読む人にひきつけを起こさせる文章なら得意 / 思考停止世代みひろ
[PR]
by text_project | 2006-02-26 01:19 | みひろ
職業病というか更新習慣病 / みひろ
「今回は書きやすいかも」と思いながら
余裕かましてたら、思ったより出て来なくて
困りました職業病。

正確には「ニュース系サイトを運営していると私生活に出てしまう癖」
だと認識しているんですが、あまりにも出てこないので
「サイト・ネットに漬かり過ぎると出てくる症状」
「更新時慣習になっていること」
も含めて職業病ということで。
今回は箇条書きっぽく。

とりあえずリロード

他のニュースサイトさんを見る時はタブブラウザで
イッキに開いたりするので、最後のほうに開くサイトさんは
既に情報が古い可能性があるためリロードするんですが
普段ネットをしてる時でも何気なくリロードしてしまう癖が。。。
あと、関係ないんですがテキストエディタでも何かを打ち込み終わる度に
CTRL+S(保存)する癖があります。今も。

GoogleやWikipediaに繋がらないと不安になる

Googleは普通にモノを調べるにしてもそうですが、
YAHOO!Japanなどの、ニュースがすぐに流れてしまう
サイトの場合引用元に移し変えるようにしていて、
同等のニュースを探すのにGoogleニュース検索が
非常に使えるからです。

Wikipediaもなんだかんだで用語の引用には欠かせません。
まぁ今まででWikipediaが落ちた状態を見たのは一度だけですが。

海外ニュースで画像が無いニュースはとりあえずYahoo.comで検索

「世界一の○○」系のニュースで画像が無いってのは閲覧者を
期待させる分記事としてダメだろうなと思うので・・・
探しても無い場合は記事自体を捨てる事もしばしば。
後で画像が出たときにまた拾ったりします。

この記事はあのサイトが拾ってそうだなと勘ぐってしまう

見に行ってみると大体扱ってます。
ツボのクセというか。なんとなく分かるんでしょうか。
逆にウチもよく来る人や、巡回されている他のサイト管理人の
方々にはツボのクセがバレバレなんだろうなぁと思います。

雑記部分に書く事を常に探そうとしてしまう

くどいようですが文章を書くのが大の苦手なもので
たった数行の雑記に15分くらい悩む事もあります。
稀に良い意味ではまる時があって、その時は物凄い
(といっても10行程度)量になるんですが。

毎日色々な事があるはずなんですが、
サイトに載せるほどではなかったり、
サイトに載せるには色々と問題がありそうな
事だったりするので
「サイトに書ける無難で面白い出来事ないかなぁ~」
と探してしまうわけです。
まぁ、実際にはそんなものは滅多に転がってないわけで
更新時間に追われながら無理やり作られているのが
今の投げやりな雑記だったりしますw

モノが増える
色々と巡回していると欲しくなるものが多いわけです。
めっつぉさんやEngadget JapaneseさんやFresh News Deliveryさんには
いつも物欲を掻き立てられます。
有機ELキートップのキーボードはきっと購入してしまうw

損得勘定だけのメールがなんとなく分かる
明らかな宣伝メールではなく、「こうやってへりくだって・・・・・・居れば大丈夫」
というような、一見礼儀正しそうに見えてもマニュアル通りの文面。
んで返信したらそれっきりと。「あ、やっぱりね」と。

それなら見様見真似の堅苦しい敬語なんてどうでもいいから
もっと分かりやすく用件書いてくれよ、と思います。
まぁこれは蛇足でした。ちょっと最近思う所があったので。


他に細かい部分では

● 大きな出来事が起こるととりあえず2chニュース系板&実況板にアクセス
● 綺麗な風景や猫に遭遇すると写真に収めたくなる
● 気になるデザインのサイトはソースを見てしまう

こんな感じでしょうか。なんだか全然まとまってないですが、結局
私生活に影響する職業病というのは自分の場合はあまり無いということで…。



2回目。

1回目の他の方のテキストを見て本気で後悔したわけですがw
なんであんなに長く書けるのか、そしてその時間と
モチベーションの作り方を教えて欲しい。
結局タイムアップでこんな中途半端なテキストに
なってしまいました。というか自分のは単なる日記でしかないですが。

自分不器用ですからこんな書き方しか出来ません。
こんなんを生み出すにもフル更新の10倍は疲れます。
でも空行・改行で偽装工作してるのバレバレだぞと>俺

でも皆さんの価値あるテキストの中に自分みたいな
稚拙なのも混じってて面白いのかもなぁ、
とポジティブ思考でいきたいわけです。

#この言葉回しが既にネガティブであって、実にタチの悪い
#(本文に書いたマニュアル通りの礼儀で損得勘定な)
#部分でもあるわけですがw

普段使わない頭を使っている、という事だけでも
自分にとって価値のあるプロジェクトなので、
投稿させて貰えるうちは書きつづけようかなと思ってます。

今回からタグを使ってみましたが<RUBY>って使ってよかったのかな?

BackNumber:
第一回:あなたのサイトの個性は
何ですか?



「ほとんど」は「殆ど」と変換しない派 みひろ
[PR]
by text_project | 2006-02-13 14:27 | みひろ
あなたのサイトの個性って何ですか? / みひろ
個性ですかー。

今更強調することでもないですが、「everything is gone」はどこにでもある
「ニュースサイト」と呼ばれるものの一つでしかないです。
元々、2002年の初夏に初めての失業を経験し、疲れ果てた精神状態の中で生まれ
スタンスとしては「適当にやってるから見たい人は見たら」という感じで
目的もなく始まったサイトなんです。なので、蔓延している「ニュースサイト論」
なんかを見ても「うちは論じられるほど崇高なサイトじゃないしな」
としか思えませんし、RSSもWeb2.0も蚊帳の外です。

既に3年このサイトをやっていますが、「いかに効率よく更新するか」とか
「メンテナンスフリー」という部分を追求してきた結果、自分を成長させる要素を
失ってしまったかもしれません。(自分としては)一つのサイトの形として
ほぼ完結していると思うので、何かモノを造ったり自分が新しくやりたい事が出来た

別のサイトを立ち上げると思います。

個性を「無理矢理」あげるとすれば、社会人としては更新頻度が多い方
という所でしょうか?最近は丸々一週間更新出来ている週が少ないので微妙です。
「今日も更新しなくちゃ」という脅迫概念に襲われる事は無くなりましたが
仕事が忙しくなってくれば更に更新頻度が落ちてしまいそうです。

あとはニュース選別基準とかコメントとかデザインというのは
見る人が「個性」と感じてくれるかどうかなのでちょっと違うかもしれません。

個性が必要かどうかで言うと、こんなサイトをやっている自分としては
個性は気にせず、まずはやりたい事をやって、それを続ける事だとしか言えません。

長くやって後から出てくる「名前という個性」こそ大きいのでは、と思います。
じゃなきゃ、うちのサイトの内容で1日1万なんて来すぎですから。

*--

第一回。日曜日の午後丸々使ってこれしか書けなかった・・・('A`)
元々長文を読むのも書くのも苦手な自分がこのサイトに参加したのも不思議な事なん
ですが
三日酔いの頭で耳栓して冷えピタ貼ってがんばりました。はいはい言い訳言い訳。

ほとんど自分語りになっちゃったけど、これでいいのかなぁ?
サイトそのものについてあまり考えた事が無かったのでいい経験になりました。

サイトの方向としては、細く長くやっていきたいと思ってます。
まだまだ3年の若造ですが、なにとぞよろしくお願いします。

お目汚し失礼しました。
[PR]
by text_project | 2006-02-01 12:04 | みひろ