ニュースサイト管理人は職業か? / 鴎
今回のお題は「職業病」ということで。

で、ちょっと考えてたのですけれども。「はて、果たしてニュースサイト管理人って職業なのかな」と思ってしまいました。

ありたいていに言えば、職業人、つまりプロフェッショナルというのは、サイト更新で儲けを出している人といえそうです。この定義で言えば僕はアフィリエイトをやっていないので、プロとはいえないと思います。

人がなにかのプロになるということは、役割を演ずることだと思います。それぞれが、その職業に期待されるふるまいをすることで、世の中は回っていくものだと思うのです。教師は教師らしく、政治家は政治家らしく、そして、あるいは先輩は先輩らしくあるべきだともいえるかもしれません。「○○らしく」という言葉が意味するところは人によって微妙にぶれがあるかもしれませんが。

仮に「ニュースサイト管理人」という職業があるとして、まず思いつくのはカトゆーさんHemoSTATIONさんです。センスといい、量といい、素晴らしいです。そのストイックな姿勢が職人っぽいです。

そうなのです、プロはストイックであるべきだと思います。もっといえば、サービスを提供する存在には、人間味はいらないといってもいいのではないでしょうか。例えば水道屋を家に呼んだとき、延々愚痴をきかせられては困ります。弱みをみせずにプロを演じてもらいたいと、消費者の立場である僕は思うわけです。

そういう意味で、「楽屋オチ」というネタには芸がありません。よく芸能人が自分の私生活をネタに話していますが、あれと同じようなものです。まぁあれにも才能はいるでしょうが、「芸」とは違う気がします。

しかし、親密な人、環境が似ている人、そして興味のある人のする裏話は非常に面白いものです。むしろ、普通の芸よりそっちの方が面白いことがあります。

そういう時は、その人のことを「ネタ優先」でなく「人優先」でみていると思うのです。

ニュースサイトに関しても、ただサービス提供者という見方だと、いわゆる日記やサイト間の挨拶、サイト論なんてのは本道から外れた邪魔なものでしかありません。そういうものに拒否感を覚えるのは当然だし、ストイックにやられている方はかっこいいです。

しかし、人として見るとき、ニュースサイトに人をみるときはそのノイズの部分こそが面白いと、僕は思うわけです。

僕にとってニュースサイト更新は職業ではないので、日記もかけば弱みも見せ、サイト論もたまには書きますが、観ている人にとって「こいつちょっとだけ面白いな」となるような知り合いになりたいなと思っています。
[PR]
by text_project | 2006-02-16 00:22 |
<< 職業病 / もそ&yujiro 職業病 / わんこ >>