筆者とサイトと閲覧者 / とし
サイト運営者として、サイトという「場」の中で閲覧者とどのように繋がりを形成するか。これは自分にとってのひとつの大きな課題だと感じています。そこで本稿では私なりに筆者と閲覧者のあいだの関係について考えます。

サイトは興味を共有するためのものではないだろうか。
以前、私のサイトで「ニュースサイトの中のヒトはなにを考えるか。」という文章を書きました。ここではサイト運営者として閲覧者の興味を感じることが最も大きな喜びだと書いています。
もう1年以上前の文章になってしまいましたが、基本的に思うところは変わっていません。サイトを運営するためには自分の興味の方向性をしっかりと理解し、それを楽しむことが大切だと感じています。それが閲覧者の興味を誘発すると思っているのです。

自分の興味をサイト上で表現することで閲覧者と初めて興味を共有できるようになる。言葉を換えれば好きなことを好きなように展開すればサイトは自ずと固定の閲覧者をつくってくれるデバイスになるということです。また、長期的には閲覧者が筆者に興味を持ってくれることが最大の喜びであるという点も先の文章と全く変化していません。そして、このサイト構築のスタンスはサイトをそういったデバイスにも十分にしてくれるでしょう。

興味の変遷とサイトの関係
ところで今現在、私のサイトは更新が停止しています。もちろんその間もサイトの閲覧は行っていますが、最近ニュースサイトを閲覧することが少なくなってきました。厳密に言えば閲覧するニュースサイトが減っています。自分自身の興味がニュースサイトに向かわなくなってきたということです。興味の方向性が変化してきているわけですね。

この興味の変遷は更新が止まっている遠因にもなっています。サイトが軌道に乗ったことは良かったのですが、書き手としての自分がその軌道に束縛されている状況。サイトに繋がれてしまい、サイトとの繋がりが脆弱になってしまっているとでも言えば良いでしょうか。

サイトの更新は停滞し、書きたいことがあっても書きにくいサイトしかない。これはサイト運営者として由々しき事態です。近いうちに更新を再開しようと考えていますが、不思議とそのことを漠然とどうしようか考えているときはもがいているけれどとても楽しい。興味の方向性と表現を考えることはサイト運営のひとつの隠れた楽しさだと思うのです。それほど目立った変化はないでしょうが、書き手としての意識は変化しているはずです。

筆者とサイトと閲覧者
この文章の冒頭でサイトというデバイスを介在した閲覧者との関係を考えようと書きましたが、実は筆者とサイトとの関係は閲覧者との関係そのものだといえるのです。自分の興味をそのまま素直に表現できるサイトを維持することが閲覧者との繋がりを最も強く感じることができるサイトとなるでしょう。そして、そのサイトはおそらく閲覧者を満足させることができるのではないでしょうか。

そんなサイト作りができたら幸せだなあと心から思うのです。
[PR]
by text_project | 2006-07-11 10:10 | とし
トラックバックで繋がるというこ... >>